成年後見

認知症のお年寄りが悪徳業者に騙された(新聞記事)。自分は大丈夫だろうか?

家族に、認知症の者、知的障害の者、精神障害の者、がいる…、今後のことが心配である。

一人暮らし(家族もなく)で、将来が不安である。

家族はいるが、事情があって頼みたくない…、でも何かあったときは、どうしよう。

 

  • 少子高齢化の社会となった日本では、高齢者の介護や財産管理の問題が大きな社会的課題となっています。
  • そしてそれは、他人事ではなく、すべての人が直面する問題ともなっています。
  • 2000年に介護保険制度とともにスタートした『成年後見制度』は、この事態に対応するための制度です。
  • しかし、この成年後見制度は、介護保険制度と車の両輪を果たす制度にも関わらず、その普及・活用が不十分であるのが、残念ながら日本の現状であります。

 

それでは、この成年後見制度について、簡単にご紹介します。

  • 成年後見制度は、精神上の障害により、判断能力が不十分な方(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など)を守る制度です。
    ※判断能力とは、自分が行った行為の結果がどうなるかを判断する能力のことで、ご自分で契約をするためには、この能力が必要となります。
  • 成年後見制度は、大きく2つに分かれます。「法定後見制度」と「任意後見制度」です。
  • 法定後見制度は、本人の判断能力が既に低下している場合に利用できる制度です。判断能力のレベルによって、補助・保佐・後見の3種類があり、家庭裁判所にその申立てをすることとなります。
  • 任意後見制度は、本人が元気なうちに、信頼のおける人と任意後見契約を結んで、将来、自分の判断能力が衰えたときに備える制度です。
  • 法定後見人・保佐人・補助人・任意後見人は、法律の規定や契約の内容によって、本人に代わって、財産管理や各種契約の締結などを行います。

 

認知症や知的障害等により判断能力が十分でない人が…

  • 身寄りのない一人暮らしの高齢者で、最近、認知症が進んできており、訪問販売や悪質商法の被害を受けそうで心配である。
  • 物忘れがあり、財産管理がうまくできなくなってきた。
  • 福祉やサービスの各種契約手続きができそうにない。また、サービスを利用しているが、本人の希望が尊重されていない。
  • 年金が本人のために使われていない。
  • 認知症の親が所有する不動産を売却して、親の老人ホームへの入所費用に充てたい。

というような場合に、成年後見制度を利用することをおすすめします。

 

埼玉成年後見支援センター』は、この成年後見制度が十分に活用され、より良い社会と暮らしが実現されることを願っております。

  • 成年後見制度について詳しく知りたい。
  • 成年後見等の申し立て手続きがわからない。
  • 成年後見人はどんな仕事をやるのか知りたい。

など、高齢者等の本人だけでなく、支援をしているご家族や知人の方、お気軽に当センターへお問合せください。

お問合せ・ご相談はこちら

埼玉県で成年後見(法定後見・任意後見)、遺言書作成、相続手続きなどに関する、ご不明点やご相談がございましたら、NPO法人埼玉成年後見支援センター「高齢者悩み110番相談室」まで、お電話またはお問合せ・無料相談フォームよりお気軽にお問合せください。

初回のご相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

     NPO法人埼玉成年後見支援センター
       高齢者悩み110番相談室

TEL : 080-6679-8424

受付時間 10:00〜15:00(土日祝日は除く

→ お問合せフォームはこちら   → 無料相談フォームはこちら

▲このページのトップに戻る